スタッフ日記|九州八重洲のスタッフがお客様との思い出や、プライベートな出来事を綴っています。

スタッフ日記詳細

家描き課・家創り課 東京分譲地見学、『家づくり学校』授業にいってきました。
2012.11.15

こんにちは、簑田です。

 

先日、東京の郊外の分譲地にランドデザインの見学に行ってきました。

実は、私がほぼ毎月『家づくり学校』という建築の勉強のために授業を受けさせて頂いていますので、その機会を利用して行ってきました。

 

zennkeidai.jpg

ここは、西国分寺のファインコートという街です。

この道路の石畳に使っている自然石をこの目で確認したくて・・・・・

6年くらい経った状態ですが、いい感じの経年劣化で風合いが出ていました。

これを当社の次回、ビッッグプロジェクトでの使用を考えております。

 

zennkeisyou.jpg

futtopasu.jpg樹木の植え方やフットパス(住民専用通路)の取り方がとても参考になりました。

 

 

 

次に、日野市のフォレステージという街並みです。

komonn.jpg

コモンという中央に大きな樹木が植えられその周りに7、8棟の住宅で囲まれています。

これは、各戸から常に見ることができ、又その事が防犯につながるようになっています。

 

ここにお住まいの方にインタビューすることができたのですが、築12年程なるけど53軒のうち2軒位の入れ替わりしかないそうです。それだけ住みやすく、綺麗な街を維持していくことに埃を感じられているようでした。

jyumoku.jpg

donnguri.jpg

落葉し始めた分譲地内の道路を歩いていると頭の上に何かがポトッと落ちてきたので、又鳥の糞かと思ったら、コナラという木のドングリでした・・・・・記念に一枚!

 

 

次は、『家づくり学校』の授業風景です。

今回のテーマは『外構から考える』で本当にタイムリーな内容でした。

 

zumenn.jpg

syasinn2.jpg外構を計画する上で大事な事の一つに、建物にはメーターや配管、桝(ます)など多種多様に付随してくるのですが、それをいかに不細工にならない様にするかを、樹木や造作物で組み合わせていくかです。

私たちも、常日頃から気にしているところだったので、本当に再確認させられました。

isi.jpg

この写真の泉校長は「植栽は偉大なり」「外構は最後の聖地」と言われており、さまざまなお話しや事例を紹介して頂き、大変奥深い内容ばかりでした。

毎回、違ったテーマでの授業が行われますので、当社の建築企画部で取り入れ生かしていきますので、更に良い住宅を造っていきます。よろしくお願いします。

 

関連コンテンツ

↑このページの先頭へ

カレンダー
カテゴリ一覧
月別アーカイブ
  • 八重洲ブログ
  • 現場レポート