八重洲の住まいづくり 家族団らんとふれあいを中心に、世界に一つの感性豊かな住まいをつくります。

ホーム > 八重洲の住まい > 住まいづくりの流れ

住まいづくりの流れ(地鎮祭〜引き渡し式)

世界で一つのご家族の家。すべての工程に想いを込めて。

一つの家が完成するまでには、さまざまな工程が必要となります。
その一つひとつの工程を、協力会社のスタッフがどのような想いで施工しているのかを、
施工風景と合わせて体験してみてください。

地鎮祭

文字通り「地の神を鎮める」という意味があり、家創りに携わる弊社スタッフ、協力業者、弊社代表取締役社長が参加し、建物完成までの工事の無事をお祈りします。八重洲の家創りは、ここからスタートします。

地盤補強工事 鋼管杭工事

当社はジャパンホームシールド株式会社による地盤調査を実施しています。地盤調査の判定を基に、必要であれば地盤補強工事を行います。また、地盤保証システムにご加入して頂くことで、お引き渡しから10年間の保証を行っています。

基礎工事

建物の荷重を偏りなく直接地面に伝え、その重さや地震等で建物が傾いたりしないように、しっかりとした建物の土台を作る工事です。「何事も基礎が大事」といわれるように、家創りにおいても大切な工事です。

防蟻工事 土壌処理・散布

地盤面から1mの高さまでの木部に対して人体に影響の無い薬剤を散布し、白蟻から建物を守ります。更に基礎工事中に土壌処理を行うことにより、地中からの白蟻の侵入も防いでいます。弊社では5年間の白蟻保証を行っています。

給排水設備工事

毎日の生活に欠かすことの出来ない、大切な水を建物内に循環させ、キッチンや浴室からの排水を建物の外へ排出する設備を整える工事です。

ガス工事

大きく分けて「ガス配管工事」と「床暖房工事」があり、安心して調理やお湯が使えるように設備を整える工事です。写真はフローリングの下に設置する、床暖房パネルの施工写真です。

仮設工事 外部足場

棟上げの前日までに、建物の外周に鋼管や鋼製布板を組み合わせ、屋根まで届く足場を設置します。外部での工事中、落下したりしないよう安全に工事を進めるための大事な工事です。

棟上げ〜上棟式

無事に棟上げが完了したことへのお祝いと、建物完成までの今後の工事の無事をお祈りする儀式です。儀式の最後には、現在ではなかなか見ることの出来ない、近隣にお住まいの方々へ向けた「もちまき」を行い、お施主さまのその地域へのお仲間入りのお手伝いをさせて頂きます。

木工事 造作工事

棟上げ完了後、ひとつの建物につきひとりの棟梁が、建物の一番大切な構造と呼ばれる部分を手作りで作っていきます。数多くの協力業者の職人が携わる建築現場の工事の中で、最も長く、重要な工事となります。

屋根工事 スレート瓦・陶器瓦

雨や風、雪や日差しから建物を守る、とても大事な部分の工事です。現在では瓦だけでなく、ガルバニウム鋼板を使用した金属製の屋根も一般的です。

防水工事 塩ビ鋼板

主にバルコニーの床部分に対して、雨や雪などが建物内部に侵入しないように行う工事です。弊社では、FRP(繊維強化プラスティック)防水と呼ばれる、継ぎ目の無い塗膜防水工法を採用しています。

外装工事 サイティング

屋根・防水工事と同じく雨や風、雪や日差しはもちろん、火事や地震、騒音からも建物を守ってくれます。弊社では主に乾式窯業外装材を採用しています。

電気配線工事

天井や壁の中に、コンセント・照明・TV配線等の色々な電線を設置し、 水やガスと並んで生活に欠かすことの出来ない、電気の設備を整える工事です。

塗装工事

主に建物外部の破風板や鼻隠し、軒裏部分の塗装を行い、部材の劣化を防ぎます。

板金工事

塗装後の鼻隠し部分等に雨樋を取り付ける工事です。屋根の雨水を集めて下水に流すことで、外壁を雨の汚れから守るだけでなく、建物の劣化や腐朽を防ぎます。雨の多い日本では、とても大切な工事です。

左官・タイル工事

建物外部の基礎立上り部分のモルタルでの仕上げや、玄関ポーチ部分のタイル張りを行います。建物内部の塗り壁仕上げを行う場合もあり、主に仕上げ工事を担当します。

内装工事 クロス貼り

建物内部の天井や壁に、クロスと呼ばれる内装仕上げ材を張る工事です。どんなクロスを選ぶかによって、お部屋の印象が変わってきます。

住宅設備機器取り付つ工事

システムキッチンやユニットバス等の、水廻りの器具を取り付ける工事です。水漏れ等が無いよう、しっかりと取り付けます。

造作建具工事

主に和室の戸襖や障子等、既製品では対応出来ない部分の建具を製作する工事です。建具職人が寸法を測って、ひとつひとつ手作りで製作します。

畳・襖工事

和室や畳コーナーには、畳職人が一枚一枚手作りした畳を敷き込みます。襖がある場合には、一緒に襖も製作します。

美装工事

建物内部の工事が完了すると、美装工事(ハウスクリーニング)を行います。床のフローリングや窓ガラスの一枚一枚を拭き上げ、建物の隅々まできれいにします。

外構工事

『「家」と「庭」がひとつになって、「家庭」となる』といわれるように、家創りの最後にして、最も大切な工事のひとつです。庭のつくり方で家の表情や、町並みも変わってきます。

各検査実施

外構工事が完了すると、いよいよ家創りも終了です。お引き渡しに向かって、竣工検査・完了検査・社内検査等の各検査を実施します。

引き渡し式

厳しい検査に合格すると、いよいよお客さまへのお引き渡しです。お引き渡し式には、家創りに携わった弊社スタッフ、協力業者、弊社代表取締役社長が参加し、お客さまにテープカットを行って頂きます。お引き渡しからが、お客さまとの本当のお付き合いの始まりです。今後とも、よろしくお願い致します

お問い合わせはこちらから。 電話番号:092-472-2888

ページの上部へ戻る